腰痛でお悩みの方へ

  腰痛でよくあるお悩み

  • デスクワークを
    していると
    夕方に腰痛が
    出る

  • 階段を上るのが
    きつい

  • 運動後に
    疲れを感じる

  • 重いものを
    持つと痛む

腰痛は原因を見極め、
しっかり取り除くことが肝心です

腰痛は現代日本人にとって国民病ともいえるほど多くみられる症状で、

デスクワークや立ち仕事、身体を使う仕事などさまざまな職業の方にみられます。

 

また、中高年だけでなく若い方にも腰痛に悩まされている方が多くいらっしゃいます。

 

そんな腰痛は根本から改善することが重要です。

ここでは腰痛の原因や対処法、予防法について詳しくご紹介します。

腰痛でお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

原因不明の腰痛の多くが日常の生活習慣によるもの

実は、腰痛の多くが医療機関で検査をしても「原因不明」とされてしまいます。

画像診断で骨や神経に異常がみられない場合、そのように判断されることも多くあります。
では、骨や神経に異常がみられないのに、なぜ腰痛が起こるのでしょうか。

その原因として考えられるのが、日常の生活における腰への負担です。

腰は身体の中心に位置する身体の「要」であるため、腰痛を発症する日常生活の習慣について知ることが重要です。

ここでは、日常生活におけるどのようなことが腰痛を引き起こすのかご紹介します。

 

はじめに知っておいてほしいことが、腰痛の85%が原因を特定しにくい「非特異的腰痛」であることです。
腰痛があると骨や神経に異常があるのかと疑ってしまいがちですが、実際にはそのような腰痛は全体の15%でしかありません。

 

【日常の生活習慣などによって起こる腰痛の主な原因】

 

骨や神経に異常がないのであれば、疑うべきは筋肉や筋膜、腱、靱帯といった軟部組織の異常です。
実は、腰痛持ちの方の多くに、軟部組織の緊張がみうけられます。
では、なぜ軟部組織に緊張が生じるのでしょうか。
その主な原因についてご紹介します。

◆不良姿勢

デスクワークなどがきっかけとなって、姿勢が悪くなることで腰痛発症のリスクが増します。
特に猫背気味になると腰の筋肉への負担が増し、結果として腰痛につながってしまうのです。

◆筋力低下

上半身を支える筋力が低下すると、正しい姿勢を保つことができなくなり、腰痛発症の可能性が高くなります。

◆身体の柔軟性の低下

もともと身体が硬い方はもちろんのこと、運動不足によって身体の柔軟性が低下すると、地面からの衝撃を吸収する機能が低下します。
その結果、腰への負担が増え、腰痛を発症しやすくなります。

◆疲労の蓄積

仕事をしていて夕方になると腰痛が出てくるという場合、疲労の蓄積が腰痛発症の原因となっている可能性もあります。

◆体重の増加

急に体重が増えるなどした場合、腰にかかる負担が増えるため、腰痛発症のリスクが増します。

 

腰痛の中には、腰部の病気が原因となるものもあります。
次は、主な腰部の病気についてご紹介します。

 

【腰痛を招く腰部の病気の種類】

 

腰痛を招く病気には、主に次のようなものがあります。

◆腰椎椎間板ヘルニア

腰痛を招く代表的な腰部の病気としては、腰椎椎間板ヘルニアが挙げられます。
腰椎(腰の骨)と腰椎の間には椎間板というクッション部分がありますが、椎間板にかかる負荷によって中から髄核という組織が飛び出すと、腰椎椎間板ヘルニアと判断されます。

飛び出した髄核によって神経が圧迫されることで、腰痛や足のしびれといった症状がみられることとなります。
腰椎椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰の原因の1つとも考えられています。

◆腰椎椎間関節症

腰椎椎間関節症は、簡単に言うと腰を捻挫することで腰痛を招く病気です。

◆腰部脊柱管狭窄症

比較的ご高齢の方に多くみられる病気で、腰痛や足のしびれが主な症状となっています。

◆腰椎分離症・すべり症

繰り返される腰への負担の結果、腰椎分離症やすべり症を発症することがあります。
無症状なことも多いのですが、人によっては腰痛や足のしびれを訴えることがあります。

 

自分で行える腰痛の対処法とは

腰痛の多くは検査をしても原因が分からないため、シップや痛み止めを処方されるだけというケースも少なくありません。

ですが、腰痛の多くは腰にかかる負担や筋肉をはじめとする軟部組織の緊張によってもたらされます。

そのため、ちょっとした意識づけによって、腰痛を予防することが可能となります。

また、腰痛が出ている場合、正しく対処することで回復を早めることが期待できます。

ここでは腰痛への対処法と予防法をご紹介します。

 

【腰痛への対処法】

 

一口に腰痛といっても、人によって症状が異なるものです。
そのため、症状に応じて対処することが重要です。

◆痛みが強い場合

腰に強い痛みが出ている場合は、次のように対処することがおすすめです。

・コルセットなどを利用する

腰痛にともなって動かす際の痛みがみられるような場合、コルセットをはじめとしたサポーターで骨盤を固定することもおすすめです。

一時的に冷やす

腰にズキズキとした強い痛みがみられる場合、一時的にアイスパックなどで冷やすとよいでしょう。
ただ、冷やし続けると血行が悪くなるため、かえって治癒が長引いてしまう恐れがあります。
そのため、冷やすとしても48時間以内を目安としましょう。

 

◆慢性的な痛みがある場合

激痛ではなく、慢性的な腰痛がみられる場合、次のように対処することがおすすめです。

・適度な運動

腰痛は、運動不足の方に多くみられます。
運動不足によって腰痛が出ている場合、適度に身体を動かすことが重要です。
運動によって血行が促進され、身体が温まることで、腰痛の原因となる軟部組織の緊張緩和につながります。

・湯船につかる

慢性的な腰痛に対しては、湯船につかることもおすすめです。
身体を温めることによる腰痛緩和はもちろんのこと、睡眠の質を改善し、身体の回復力を高めることも期待できます。

・ストレッチ

体幹や股関節周りをストレッチし、柔軟性を高めることで、腰痛の緩和効果が期待できます。

 

腰痛への対処法は、慢性腰痛の場合はあたためること急性腰痛の場合は冷やすこと(アイシング)が基本となっています。
では、根本的に腰痛を予防するためにはどうすればよいのでしょうか。

 

【腰痛の予防法】

 

腰痛の多くは筋肉をはじめとした軟部組織の緊張によって起こるため、普段から軟部組織の緊張を緩和したり、軟部組織の緊張を防いだりすることが重要です。

◆ヨガに取り組む

腰痛を予防するにはヨガに取り組むことがおすすめです。
ヨガにはストレッチング効果と、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

筋肉を気持ちよく伸ばすことで、血行が促進され、腰の栄養状態を高めることが腰痛の予防につながります。

また、深呼吸することで自律神経のバランスを整え、身体の回復力を高めることも期待できます。

◆ストレッチを行う

定期的にストレッチを行うことで、腰周りの筋肉の緊張状態を緩和することが期待できます。
また、筋肉が緩むことで血流改善の効果も期待でき、疲労の蓄積を避けることができると考えられます。

◆ゆっくり休む

私たちの身体は寝ている間に回復するため、腰痛を予防するためにもゆっくりと休むことが重要です。
身体を温かくして寝ることで、腰痛のリスクを下げることが期待できます。

◆リスクのある行動を避ける

腰痛はいったん改善したとしても再発する可能性があります。
そのため、再発のリスクを避けることが重要です。
以前に重たい荷物を持ち上げて腰痛を発症したのであれば、しゃがんでから持ち上げるようにするなど注意しましょう。

エール整骨院の【腰痛】アプローチ方法

長年の腰痛に悩みを抱えていませんか?
レントゲンを撮っても骨に異常はないと言われそのままになっていませんか?
日本人の腰痛の85%は非特異的腰痛と言われ、明確な原因が無いと言われています。
ただし、非特異的腰痛にも様々な要因が考えられます。
体重運動不足筋の柔軟性低下関節の動き重心の位置身体の使い方身体に加わる過負荷体のメンテナンス不足などいろいろ考えられます。
皆さんは当てはまるものがありますか?

当院では身体の左右・前後バランス、重心の位置、筋力、関節の可動域、筋肉の状態など独自の検査で、腰痛となっている原因を導きだします。
腰痛の原因を導き出し、しっかりと説明する。
ここが一番大切ですよね?
原因が分からないまま、漠然と施術をしていても良い効果は期待できません。
また説明を聞いて、しっかりと患者さん自身が納得することで日常生活にも変化が出てきます。

 

【当院でのアプローチ】

 

<メンテンナンス整体>

♢ゆがみチェック

身体のバランスや重心を検査し、日常生活で身体にかかっている負担をチェックします。

♢手技

動きの邪魔をしている筋肉を緩めたり、関節を正しく動かせるようなマニュピレーションをします。

♢ハイボルト

痛みの基となっている神経にアプローチをして、痛みの緩和をしていきます。筋の深い所にアプローチできるのが特徴です。

♢超音波

1秒間に100万~300万回の音波振動をあて、筋肉を効率よくほぐしていきます。

♢EMSトレーニング

自分ではなかなか鍛えることの出来ない体幹のインナーマッスルを電気の力で鍛えて、首や肩に加わる負担を軽減していきます。

 

【より効果を出すためのオプション】

 

<深部温熱療法>

腰痛の原因となっている深い所にある筋肉の血流をラジオ波を使用し、改善をします。

<鍼施術>

東洋医療である経穴(ツボ)、経絡を基に痛みを改善を目指します。

 

腰痛の改善は我々だけでなく、患者さんとの2人3脚です。

長年の腰痛から解放されるように一緒に頑張りましょう!

この腰痛が改善されれば、いろんなことにチャレンジできますよね?

著者 Writer

著者画像
院長:大谷 修一(オオタニ シュウイチ)
<資格>
 柔道整復師、柔道整復師専科教員
<趣味>
 スポーツ観戦、アウトドア
<特技>
 陸上競技
<一言>
患者様とは一期一会の出会いだと思って施術に当たっています。
「どこに行っても良くならなかった症状がエール整骨院に来たら良くなったよ!」と言ってもらえるような、最後の砦を目指して頑張ります。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:エール整骨院
住所〒371-0133 群馬県前橋市端気町255
最寄
駐車場:あり(10台)
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
9:00〜
13:00
9:00〜
13:00
-
15:00〜
20:00
- - -
定休日:日曜・祝日

【公式】エール整骨院 公式SNSアカウント エール整骨院ではFacebook・Twitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】エール整骨院 公式SNSアカウント エール整骨院ではFacebook・Twitter・Instagram・LINEを運用中!

【公式】エール整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中